安全性はどうなのか

スキンクリームの中に、シルクフィブロインが配合されたものを使うとその効果は実感できますが、安全性はどうなのでしょうか。シルクフィブロインを配合させると、肌にあまり良い影響を与えることがないと言われている界面活性剤を使わなくてもよくなります。界面活性剤にも、肌に良い働きをすることもありますがシルクフィブロインを使うことでこれが乳化剤として作用するということが判明したのです。この乳化剤は、ほとんどのスキンクリームに配合されています。その働きは、水分と油分を混ぜるための働きをするのです。ですから乳化剤は必ずスキンクリームには必要な成分です。シルクフィブロインは、脂肪を吸収してその脂肪を乳化させる機能をもっています。

界面活性剤は、そのほかにも洗浄作用も持ち合わせていますので乳化剤として使われます。しかし洗浄作用ももっていますので、皮脂を直接溶かしてしまう場合もあります。このような危険性が界面活性剤にはあるのですが、シルクフィブロインにはそのような危険性がありませんので安心して使うことができます。たるみや小じわなど、肌トラブルの原因となるものを配合させていないスキンクリームを使用することが必要です。